通信関連の基礎知識-ソフトバンクairとは

家庭でインターネットを接続する場合には、従来は電話回線を利用するADSLと光ファイバーケーブルを利用する光回線が一般的でした。

現在も多くの家庭や事業所では、光回線が利用されています。最近はこれらに加えて、無線タイプの家庭用インターネット回線サービスが提供されています。通信関連の基礎知識として、無線で固定インターネット接続をするサービス内容を知っておくと良いでしょう。無線タイプの家庭用インターネット回線サービスは大手通信関連の会社が提供していて、ソフトバンクairが有名です。

ソフトバンクairは専用のルーターを電源に接続するだけで、登録した住所でインターネットに接続をすることができるサービスです。有線LANと無線WiFiの両方に対応しているので、デスクトップパソコンやテレビも簡単にインターネットに接続することができます。ソフトバンクairは固定式で、登録されている場所以外で使用することができません。

そのかわりに、モバイル無線WiFiサービスよりも料金が安くて通信容量の上限が設けられていないという特徴があります。月額利用料金が光回線よりも低く設定されているので、固定電話を設置しない世帯であればソフトバンクairの方がお得です。通信関連業界では技術革新のスピードが非常に速く、今後はソフトバンクairのような無線式のインターネット接続が普及することが予想されます。インターネット回線の契約を検討する際は、有線(光回線)に加えて無線回線も検討するようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *